むちうち

ブログ2017.6.7

ガン、ガクッン 痛っ

むちうち発生

 

むちうちは本人が知らない状況で急に後方周辺より追突されたことにより頭が前方に振られその反動で次は後方へ振られる動作です。この動作により頚椎や腰椎が捻挫してしまうのです。これは本人は予測してないからひどくなるもので、もしもぶつかりそうだと予測できていたら身構えて頭の反動を少なく出来る可能性あり、症状を軽く出来るかもしれません。しかし、実際は不意打ちで起きる場合が多いため強い症状がでてしまうリスクが高くなってしまうのです。

 

むちうち症状

 

首の場合、首の回旋制限や回旋時痛などが多くでます。首から背中にかけて僧帽筋という大きな筋肉でつながってるため背中の肩甲骨内側にかけて痛みがでます。腰は立つ時の痛みや伸ばす時の痛みがでます。症状が強く出る場合は上記症状一層強く出て、腕から指先または、でん部から足先にかけてシビレがでることもしばしばあります。脊髄が損傷されるとシビレが強く出たり握力が低下し吐き気などが表れたりすることもあります。

 

むちうち治療

 

まず、脊髄損傷の有無をレンチゲンやMRIなどの検査で確認してもらいます。有る場合絶対安静もしくはネックガードによるコルセットなどで固定します。この時点でのマッサージは出来ないためさまざまな電気治療(超音波やスーパーライザーなど)で、強い症状を緩和させていきます。症状が落ち着いてきたら干渉波なども取り入れ治療していきます。脊髄損傷が無い場合、初期段階で超音波で首の回旋制限や腰のズキンという動作時痛を改善させていきます。症状が改善してきたら干渉波やマッサージも取り入れ筋硬結を取りにいきます。首や腰の筋肉がひどく硬くなるため軟らかくなるのに時間がかかります。当院の場合強弱をつけたマッサージや指圧が好評を得ています。後は治るまでしっかりケアしていきます。

 

向山接骨院 院長

向山接骨院 院長  渡辺 豊

1963年10月生まれ。趣味はサ-フィン。
日々、水泳・ジョギングなどで
体力維持に努めています。

お知らせ・ブログ